診療内容

まずはカウンセリング。

現在のお口の中で抜けそうな乳歯はないか虫歯や歯肉炎などで困ったことはないか、優先順位の確認します。

患者様にご納得いただいたうえでおひとりおひとりに合わせた最適な治療計画の作成します。

 

矯正治療について

矯正治療は、歯並びが悪くなった原因を除去し、障害を予防、回復する歯科治療です。

乳歯列の矯正治療(第一期治療:いわゆる早期治療)

指しゃぶりや爪かみで前歯が咬んでいない(開咬)、お顔の真ん中がずれて咬んでいる(交差咬合)ことはありませんか?

この時期の治療は、正常な上下顎の発育のための予防矯正としての意味があります。とくにお顔の曲がりをおこしてしまうようなかみ合わせには早めの対応が必要です。中には、経過観察のみで解消してしまう場合もありますのでぜひご相談ください。

混合歯列の矯正治療(いわゆる第一期治療)

小学校入学のころには前歯の生え変わりが始まります。前歯が生えてこない(埋伏)、余分な歯がある(過剰歯)、でこぼこしている(叢生)、受け口(反対咬合)、出っ歯(上顎前突)、咬めない(開咬)、顔が曲がっている(交差咬合)など様々な異常が見つかる時期です。

この時期の治療目標は前歯でものが咬めること、左右対称のかみ合わせを確立することで、永久歯列での正常なかみ合わせへの誘導を行っていきます。治療を開始するには、最適な時期であるといわれています。治療の効果が大きく、永久歯列に比べ治療の負担を軽減できる可能性があるからです。顎の成長や生え変わりに障害となる原因を早期に除去し、良好な成長発育を促します。

顎や歯に負担がかかるような深いかみ合わせ(過蓋咬合)や口腔周囲筋の異常など口腔機能に異常がある場合(出っ歯、受け口、開咬など)は治療の優先順位が高くなります。永久歯列完成までの管理を行っていきます。

永久歯列の矯正治療(第二期治療)

混合歯列期で治療を開始しなかった顎や歯に負担がかかるような深いかみ合わせ(過蓋咬合)や口腔周囲筋の異常など口腔機能に異常がある場合(出っ歯、受け口、開咬)はとくに治療の優先順位が高くなります。

上下顎の歯と歯列の大きさのバランスの異常であるでこぼこ(叢生)では歯列の拡大や歯の抜歯によるスペースの確保を検討していきます。上下顎の大きさのバランスの異常であるでっ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)ではコスメティックな分析を加味しながら治療計画を立案します。

出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)、開咬、交差咬合などでは口腔周囲筋の異常を伴うことも多く、トレーニング(MFT)を併用していきます。治療期間は約2-3年程度となります。

矯正料金表

内容料金
初診料初診相談3,000円(レントゲン +2,000円)
検査診断料検査20,000円
診断30,000円(再診時は20,000円)
治療費用1期350,000円
2期450,000円
永久歯列800,000円
デーモンクリア加算100,000円
その他
保定装置50,000円(紛失再製作時は実費)
調整料調整料金(月)5,000円(同月来院は0円)
口腔衛生指導清掃指導3,000円
PMTC8,000円
保定後のPMTC5,000円
MFTMFT3,000円(初回5,000円)
(税抜き)
 

保険適用の矯正治療について

出生から成人に至るまでの連携治療のなかで、乳歯列期からの口腔管理を行っております。

第一期治療では顎裂部骨移植術前後の上下顎の成長のコントロールと歯の配列による前歯部の咬合の確立を目指します。混合歯列期では、歯の交換や成長による変化を管理し、第二期治療開始のタイミングの検討を行っていきます。最終的な永久歯列期の治療については、ご本人の希望を考慮した上で、外科的矯正治療や修正手術、欠損歯の補綴処置についてもご相談もさせていただきたいと思います。

当クリニックは、障害者自立支援指定医療機関です。

下記のような国の定める疾患に起因した咬み合わせの異常に対する矯正歯科治療が保険で適用されます。

国の定める先天疾患

  1. 唇顎口蓋裂
  2. ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  3. 鎖骨・頭蓋骨異形成
  4. トリチャーコリンズ症候群
  5. ピエールロバン症候群
  6. ダウン症候群
  7. ラッセルシルバー症候群
  8. ターナー症候群
  9. ベックウィズ・ヴィードマン症候群
  10. ロンベルグ症候群
  11. 先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
  12. 顔面半側肥大症
  13. エリス・ヴァン・クレベルド症候群
  14. 軟骨形成不全症
  15. 外胚葉異形成症
  16. 神経線維腫症
  17. 基底細胞母斑症候群
  18. ヌーナン症候群
  19. マルファン症候群
  20. プラダーウィリー症候群
  21. 顔面裂
  22. 大理石骨病
  23. 色素失調症
  24. 口‐顔‐指症候群
  25. メービウス症候群
  26. カブキ症候群
  27. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  28. ウィリアムズ症候群
  29. ビンダー症候群
  30. スティックラー症候群
  31. 小舌症
  32. 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
  33. 骨形成不全症
  34. 口笛顔貌症候群
  35. ルビンスタイン-ティビ症候群
  36. 常染色体欠失症候群
  37. ラーセン症候群
  38. 濃化異骨症
  39. 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  40. チャージ症候群
  41. マーシャル症候群
  42. 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  43. ポリエックス症候群
  44. リング18症候群
  45. リンパ管腫
  46. 全前脳(胞)症
  47. クラインフェルター症候群
  48. 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  49. ソトス症候群
  50. グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)

医療費控除について

自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。
申請には領収書が必要になりますので大切に保管してください。

発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。

しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除の対象になりません。医療費控除の対象となるかわからない場合はご相談ください。

 

MTF・口腔機能発達不完全症

口腔周囲筋肉のトレーニング(MFT)

かみ合わせの異常は口腔周囲の筋肉の異常を引き起こします。咬む筋肉(咬筋)、開く筋肉(開口筋)、唇(口輪筋)、頬の筋肉(頬筋)、飲み込むためにものを運ぶベロの筋肉(舌)の協調性を整え、正しい口腔機能と美しい表情を整えていきます。当クリニックでは経験豊かな衛生士が指導いたします。

口腔機能発達不完全症

口腔機能発達不全症に関する基本的な考え方 – 日本歯科医学会
 

口腔ケア

歯と歯をとりまく環境の健康維持のためのセルフケアに疑問をもっていませんか?

セルフケアの応援

ご自身でお口の問題点を確認できる歯ブラシスキルのトレーニングをいたします。磨き残しをしやすい苦手な部分を確認し、歯ブラシのスキルを伝授いたします。おひとりおひとに適した歯ブラシお選びし、虫歯ゼロ、歯肉炎無しのピカピカのお口を応援してます。ご自身では限界のあるよごれについて、清掃のアドバイスもおこなっていきます。当クリニックではリスク部位の汚れを先に落とすスウェーデン型プラークコントロールの指導を行っています。

プロフェッショナルな清掃とトリートメント

自身ではどうしても取り切れない細菌の塊(バイオフィルム)の除去とトリートメントを目的として、当クリニックでは先進のエアーパウダートゥースポリッシングシステムを使用しています。

 

スポーツマウスガード

お口のけがを防止するためにカスタムメイドタイプのマウスガードを作製します。歯並びの悪い方でも型どりを行って作ることができますのでご相談ください。

 

その他

転居による転院の相談やそのほか、お困りのことがありましたらご相談ください。日本歯科医師会、東京都歯科医師会、大森歯科医師会、昭和大学同窓会、また同期会となる医学部歯学部薬学部の同窓55年会でのチーム医療に参加しております。

ホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

歯のクリーニングでは落とせない歯の黄ばみや色素沈着を漂白することをホワイトニングといいます。歯を削らずにできるので口腔ケアでの健康維持が可能な方を対象にご相談させていただきます。

歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングがありますが、徐々に白くし持続性のあるホームホワイトニングを推奨しています。

ページトップへ